とりすぎ注意!摂取カロリーの管理がダイエット成功の秘密

sessyu

摂取カロリーとはその名のとおり、人が食事などによって摂取するカロリーのことです。ダイエットを効率よく進めていくためには、摂取するカロリーを管理して低く抑えることが大切です。

痩せるための公式はとてもシンプルで、一日に摂取するカロリーを一日に消費するカロリーよりも抑えることです。これを続けていけばまず間違いなくダイエットに成功します。

理論は簡単ですが実践することが難しいのがダイエット。摂取カロリーを抑えながら効率良くダイエットするためのポイントを紹介します。

摂取カロリーを抑えればダイエットは成功する!

摂取カロリーとは?

日本語で一概にカロリーといっても様々な意味があります。

単純にカロリーというと食べ物が持つ熱量を表すことが多いです。ダイエット中は食事がどれほどのカロリー数になるのか気になりますよね。また消費カロリーといえば人が行動したときに使用するエネルギー量を指します。

そして摂取カロリーです。消費カロリーが使用するエネルギー量を表しているのに対して、摂取カロリーは人が摂取したカロリーを指しています。つまり食べたものの合計カロリー数が摂取カロリーという事になります。

摂取カロリーを抑える方法

摂取カロリーを抑えるには低カロリーのものを選んで食べることが大切です。脂分の多い肉、生クリーム、パン、などはカロリーが多く一食で1,000kcalを超えるものも少なくありません。

対して野菜や果物類は非常に低カロリーな食べ物です。脂肪分がとても少ないうえに健康や美容にいい栄養がたっぷり含まれています。最近では菜食主義の人も増えています。宗教や思想上の理由で菜食主義をしている人もいますが、健康としてのソフトな菜食主義が流行しています。

ダイエット中に摂取カロリーを抑える方法として、一時的な菜食主義をしてみるのもひとつの方法です。

摂取カロリーを抑えるときの注意点

スリムを目指すうえでは摂取カロリーを抑えることが非常に有効な手段です。しかし人はカロリーを使って生命活動を維持しているので、まったくカロリーを摂らなければ生命を維持するための心臓や呼吸の活動ができなくなってしまいます。

摂取カロリーを制限する場合にはエネルギー不足にならないように十分注意する必要があります。

さらにダイエットを進めるには?

ダイエットを進めるには摂取カロリーを抑えるのも肝心ですが、消費カロリーの量を増やすことも大切です。

消費カロリーは身体を動かしたり、代謝をあげることによって増やすことができます。適度な運動を日ごろから続けていればそれだけ消費カロリーも増えていくので時間を作って実践してみましょう。

また筋力量を増やすのも効果的です。筋肉を増やすと基礎代謝があがります。基礎代謝があがれば自然にカロリーを消費していくので太りにくい体質をつくることができます。

まとめ

摂取カロリーは食事などによって人が得るカロリーのことです。摂取カロリーを抑えることによって脂肪を減らし、スリムを実現することができます。

必要以上に摂取カロリーに制限をかけると、生命維持のためのエネルギーを確保できなくなるため、危険が無いようにしっかり管理することが重要です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加