リバウンドには理由がある!ダイエット後も体重を維持する方法とは?

rebound

目標体重まで痩せることができてダイエット成功!と思っていたら…知らない間に元の体重に…

ダイエットをしたことがある人なら一度はリバウンドを経験したことがあるかもしれませんね。元の体重ならまだしも、それ以上に太ってしまうこともあります。

こうなってしまっては再びダイエットに取り組む意欲もなくしてしまいます。こんなことがないように、ダイエットをするならリバウンドを起こしにくい体を作っていくことが大切です。

リバウンドを起こす理由ははっきりしているので、努力が水の泡にならないようにダイエットに取り組んでみてください。

リバウンドしてしまうのは理由があります!

なぜリバウンドを起こすの?

リバウンドを起こす主な原因は急激なダイエットと、食事のみにたよったダイエット方法が挙げられます。

急激なダイエットは体に強いストレスを与えます。急激に痩せるためには断食に近いような無理な食事制限をしたダイエットを行わなければなりません。食べなければ当然痩せるわけですが、目標となる体重を達成するとストレスから解放され食事量が元に戻ってしまいます。食べる量が元に戻れば、体重も当然のようにもとに戻ってしまいます。

そして食事のみのダイエットでは基礎代謝が増えることはありません。基礎代謝とは人が何もしなくても消費するエネルギー量のことです。基礎代謝量があがれば同じ量の食事をしてもエネルギーとして消費されリバウンドすることはありません。

リバウンドを起こさないダイエット方法は?

リバウンドしないように痩せるにはストレスの少ないダイエットをすることが重要です。体重を減らそうとすればどうしても多少のストレスはかかってしまいます。それを最少減に抑えて痩せていくことでリバウンドを防ぐことができます。

まず短期間で痩せるような無理なダイエット方法は行わないことです。急激なダイエットは強いストレスがかかります。本当なら半年以上はかけたいところですが、最低でも1~2ヶ月程度をめどにダイエットをするようにしましょう。

長期間のダイエットプログラムを組めば毎日の負担やストレスはそれだけ少なくなりリバンドの可能性が低くなります。

もうひとつのリバウンドしないためのダイエット方法は運動を取り入れることです。リバウンドを防ぎたい人はとくに筋力量を増やすようにしましょう。筋肉は代謝が活発なため基礎代謝を上げる働きがあります。腹筋、腕立て伏せなど適度な筋力トレーニングを取り入れましょう。

ただし、筋力トレーニングも無理は禁物です。厳しければ途中で嫌になってダイエットに失敗してしまいます。適度なトレーニングと適度な食事制限を心がけましょう。

リバウンドを起こさない身体を維持するために

リバウンドを起こしにくい体とは基礎代謝量が多く、エネルギーを消費しやすくなっている体です。しかし、それでも摂取するカロリーや糖質が多くなれば脂肪が蓄積されて太ってしまいます。

ダイエットが終わっても日ごろから体重計や体脂肪をはかり、自分の体のチェックをする癖をつけておきましょう。変化がすぐにわかれば対応もすぐに行う事ができます。

まとめ

ダイエットをして多くの人が経験してしまうのがリバウンドによる体重増加です。せっかく痩せてもすぐに戻ってしまう人が多いです。

リバウンドをなくすためには急激なダイエットを辞めて長期的に取り組む必要があります。また、食事だけに頼ったダイエットをせずに適度なトレーニングで筋肉を増やす努力も必要です。

リバウンドを起こさない体を維持するには、日ごろのチェックが大切です。普段から自分の体重や体脂肪率をはかるようにしましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加