女性は要注意!ダイエットが難しい理由は皮下脂肪が原因?

hikashibou

垂れ下がった二の腕や太もも、ぼってりしたお腹など自分の身体でも目を背けたくなってしまいますよね。このように外見に変化が現れやすいのが皮下脂肪型肥満の特徴です。

肥満の原因となる体脂肪には2種類あります。『皮下脂肪』と『内臓脂肪』で、皮下脂肪型の肥満は女性に多く、内臓脂肪型肥満は男性に多い傾向があります。

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて落としにくいためダイエットが困難ですが、食事などを見直せば確実に解消することができます。

内臓脂肪型肥満と違って病気などとの因果関係は判っていませんが、プロポーションが崩れてしまい外見の悪さが目立ってしまいます。皮下脂肪のことを知って、だらしない身体を解消するように努めましょう。

皮下脂肪の特徴を知ればダイエットにも効果あり!

皮下脂肪とは?

皮下脂肪は皮膚の下につく脂肪で体全体に存在する組織です。急激に増えることはありませんが、体内に入ったエネルギーが使われることなく長年にわたって蓄積されたもので、肥満のひとつの要因でもあります。

適度な運動などでエネルギーがしっかり消費されていれば、必要以上に増えていくことは少なく、肥満の心配もありません。しかし、加齢や運動不足などによりエネルギーの消費が少なくなると徐々に蓄積されてしまいます。

女性はもともと皮下脂肪が多く、蓄積しやすいと言われています。長い時間をかけて徐々に蓄積されていくため、落として行くのも時間がかかります。そのためにダイエットは難しいと考えられがちですが、正しい知識で時間をかけて取り組めば、皮下脂肪型の肥満でも痩せることはそれほど難しいことではありません。

皮下脂肪の役割って?

皮下脂肪は肥満の原因でもありますが、体にとって不要なものではありません。

皮下脂肪には内臓保護の役割があります。皮下脂肪がなければ表皮だけで内臓を守らなければなりません。しかし厚みのない表皮ではちょっとした刺激を受けただけでも、ダメージが内臓に届いてしまう可能性があります。

特に女性は子供を産むための器官があり、妊娠中もお腹の中の子を守らなければいけません。皮下脂肪があることによって外部からのダメージを軽減できるようになっています。

また皮下脂肪は女性を特徴づけるための機能もあります。女性の特徴である胸やお尻をはじめ全体的に丸みがあるのは皮下脂肪のおかげです。あまりに皮下脂肪を落としすぎると、女性的特徴を失ってしまい女性らしさを失ってしまうことになってしまいます。

過剰な皮下脂肪はプロポーションを落としてしまうのでしっかり落とす必要がありますが、落としすぎるのもまた問題があるのでバランスのいい体脂肪を目指しましょう。

皮下脂肪を退治するための方法は?

皮下脂肪を落とすためには食生活の改善と運動不足の解消が必要不可欠です。

脂肪分の多い食事は皮下脂肪を溜めてしまう大きな要因です。野菜や果物などを中心に脂肪分(カロリー)を抑えた食生活を心がけましょう。

さらに毎日の適度な運動を心がけましょう。ウォーキングや軽いジョギングなど有酸素運動をすることで余っているエネルギーを消費してあげましょう。

また年齢を重ねることによって基礎代謝が落ちてきてしまいます。基礎代謝を上げるためには筋肉トレーニングが効果的です。激しいトレーニングや機器を使ったトレーニングは必要ありませんが、腕立て伏せや腹筋などで筋力をアップさせましょう。

まとめ

皮下脂肪は皮膚の下にある全身に存在する脂肪組織のことです。体内に取り入れたエネルギーが使用されることなく皮下に蓄積したもので、落とすことが難しい脂肪といわれています。

内臓保護や女性を特徴づける役割があり重要な組織ですが、蓄積しすぎると垂れ下がってプロポーションを崩す要因となってしまいます。

皮下脂肪と落とすには食生活の改善と運動不足の解消が必要です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加