コレステロールってなに?ダイエットとの関係は?

cholesterol

よく聞くコレステロールという言葉。なんとなく意味は分かっていても「実際にどんな害があるの?」、「太りの原因と関係があるの?」など詳しいことを知らない人は多いです。

コレステロールは人間が生きていくために必要な脂質のひとつで、コレステロールなしでは生きていくことができません。しかし、過剰にとりすぎることによって人体に悪い影響をもたらします。

どんなことも適度が一番といわれますが、コレステロールも適度にとることが大切です。コレステロールのことを知ってダイエットや健康の向上に役立てましょう。

コレステロールの特徴と働き

コレステロールの種類

コレステロールの危険性を示すときに悪玉コレステロール、善玉コレステロールと分類されることがあります。実際はどちらも同じコレステロールですが、体内での与えられた役割によって悪玉か善玉かを分けられています。

悪玉のことをLDLコレステロール、善玉をHDLコレステロールと表すこともあります。健康診断や人間ドックでは主に悪玉であるLDLコレステロールの数値をみて心筋梗塞や脳梗塞などの危険性を調べます。たしかにLDL(悪玉)コレステロールの値が高いと病気のリスクが高まりますが、人間はLDL(悪玉)コレステロールにしろ善玉(HDL)コレステロールにしろ値が大きすぎても低すぎても悪影響があります。

『悪玉』と聞くとコレステロールをゼロに抑えるべきと思い込みがちですが、コレステロールが無ければ人間は生きていけないのであくまで適度な量を適正な範囲で摂取することが大切です。

コレステロールの役割

コレステロールは私たちの体内でたくさんの役割を担っています。何十億と体内にある細胞の膜を作ったり、肝臓で胆汁酸となって小腸に分泌されたり、男性ホルモン、女性ホルモンの材料になったりしています。

どれも重要な働きがあり悪玉にしろ善玉にしろコレステロールがなければ生命活動をすることが出来ません。血液中にコレステロールが不足すれば細胞の膜が弱くなってしまい脳出血などの危険性もあります。

コレステロールは体内で毎日合成されていて食事でとるよりも多くのコレステロールが生成されています。日本の食生活で不足することは考えにくいですが、必要以上にコレステロールを拒否せず適度に摂取するのが身体にとって大切です。

コレステロールと肥満の関係

太っている人はコレステロールの値が高い傾向にありますが、肥満度が高ければ高いほどコレステロールが高いわけではありません。ある程度の肥満度になるとコレステロールの値は頭打ちになります。ただし数値が高い傾向にあるのは間違いないので、コレステロール値を抑える必要があります。

コレステロールを抑えるには食事と運動が効果的です。脂質の低い食事を心がけ、適度な運動をするようにしましょう。運動は急にハードなものをはじめると身体を壊したりケガの原因となるのでウォーキングやスイミングなど負荷の低いことから始めましょう。

まとめ

LDL(悪玉)コレステロールもHDL(善玉)コレステロールも人間が生きていくために必要な栄養素で、コレステロールが無ければ人間は生きていくことができません。

コレステロールの数値が多くても少なくても人体にとってはマイナスです。適度な摂取を心がけることによって健康的な生活が望めます。

肥満度が上がればコレステロールの数値も上がりますが、ある程度の肥満を超えるとそれ以上は頭打ちになります。頭打ちになったとしてもコレステロール値が高い状態には変わりがなく、数値を抑える努力が必要です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加