用語集

リバウンドには理由がある!ダイエット後も体重を維持する方法とは?

rebound

目標体重まで痩せることができてダイエット成功!と思っていたら…知らない間に元の体重に…

ダイエットをしたことがある人なら一度はリバウンドを経験したことがあるかもしれませんね。元の体重ならまだしも、それ以上に太ってしまうこともあります。

こうなってしまっては再びダイエットに取り組む意欲もなくしてしまいます。こんなことがないように、ダイエットをするならリバウンドを起こしにくい体を作っていくことが大切です。

リバウンドを起こす理由ははっきりしているので、努力が水の泡にならないようにダイエットに取り組んでみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

肥満だけじゃない!中性脂肪が身体に良くない理由とは?

cyuseishibou

健康診断で気になる項目のひとつが中性脂肪ですよね。中性脂肪の値が高いと動脈硬化などの恐ろしい病気になる確率が大幅に上がってしまいます。

脂肪は人が生きていくためには必要不可欠な栄養の一つです。しかし、今の日本で通常の食生活を送っていれば、まず不足することはないでしょう。問題になってくるのは必要以上の脂肪を摂取してしまう事です。

脂肪は料理を美味しくしてくれます。最近の研究では甘味、酸味、塩味、うま味に加えて第6の味覚として脂味があることが発見されました。人は脂を美味しいと感じてついつい摂取しすぎてしまうんですね。

中性脂肪のことを良く知って摂取量を落とし、美的向上や健康促進を図りましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

運動してますか?ダイエットを成功させる有酸素運動とは?

yusanso

ダイエットを成功させるには2つの要素が必要です。適切な食事(栄養)制限と適度な運動です。

体重を落とすだけなら食事制限だけでも十分でしょう。しかし、肌にハリを持たせ魅力的なボディラインを作るためには運動も同じぐらい重要です。

またリバウンドのリスクを軽減するためにも有酸素運動はとても有効な手段になってきます。食事制限だけでは基礎代謝をあげることができないため、食事制限を終えればまたすぐに太ってします。

ダイエットには有酸素運動を組み合わせて、スリムかつ魅力的な体型を目指すのがおすすめです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ホメオスタシスってなに?痩せるために知っておきたい身体の不思議

homeostasis

人の身体はつねに一定のバランスを保とうとします。体温が上がれば発汗をして体温を下げようとしますし、下がれば震えなどを起こして体温を上げようとします。

皮膚に傷ができればそれをふさいで元通りにしますし、血圧が上がりすぎれば通常範囲に収まるように体内の機能を調節します。このようにバランスを保つ働きのことを『ホメオスタシス効果』といいます。

ダイエットにも無関係ではなくダイエット中の停滞期は、ホメオスタシス効果によって説明することができます。ホメオスタシス効果の事を理解すればダイエットもスムーズに進めることができるようになるんです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

女性は要注意!ダイエットが難しい理由は皮下脂肪が原因?

hikashibou

垂れ下がった二の腕や太もも、ぼってりしたお腹など自分の身体でも目を背けたくなってしまいますよね。このように外見に変化が現れやすいのが皮下脂肪型肥満の特徴です。

肥満の原因となる体脂肪には2種類あります。『皮下脂肪』と『内臓脂肪』で、皮下脂肪型の肥満は女性に多く、内臓脂肪型肥満は男性に多い傾向があります。

皮下脂肪は内臓脂肪に比べて落としにくいためダイエットが困難ですが、食事などを見直せば確実に解消することができます。

内臓脂肪型肥満と違って病気などとの因果関係は判っていませんが、プロポーションが崩れてしまい外見の悪さが目立ってしまいます。皮下脂肪のことを知って、だらしない身体を解消するように努めましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

病気の予備軍!メタボリックシンドロームを解消したほうがいい理由

metabolic

一般的に知られるようになったメタボリックシンドローム。メタボリックやメタボなどと言われることもありますね。

メタボリックシンドロームは肥満の典型で、糖尿病、動脈硬化、脂質異常症、高血圧など生活習慣病のリスクが非常に高くなります。

外見だけの問題ならば人のよっては気にしなくてもいいかもしれませんが、病気になってからでは取り返しのつかない事態を招く可能性もあります。

生活習慣や食生活を改善すればメタボリックシンドロームを治すことができます。手遅れにならないうちに改善してしまいましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

隠れ肥満かも?生活習慣病のリスクが高い内臓脂肪を今すぐ撃退!

naizou

太りの原因となる体脂肪。人が生きていくために体脂肪は必要不可欠ですが、蓄積してしまうと見た目の悪さや病気のリスクが上がってしまいます。

体脂肪には2種類あり『皮下脂肪』と『内臓脂肪』に分けられます。もともと脂肪の多い女性は『皮下脂肪』が原因の肥満となることが多く、男性は『内臓脂肪』型の肥満になりやすい傾向があります。

外見が細見のため全く肥満を気にしていない人でも、実は内臓脂肪が蓄積していたというケースは多々あります。内臓脂肪による肥満は生活習慣病のリスクが高いので早期に解消しておくことが大切です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

お手軽肥満度チェック!BMIの計算方法と問題点とは?

bmi_eye

ダイエットを円滑に進めるためには自分が太っているかどうかを数値化して把握することが大切です。

肥満度を測る計算方法としてWHO(世界保健機構)が定めた、肥満度の国際基準であるBMI指数というものがあります。

BMI指数は手軽に自分の肥満度を数値として把握することができるため、ダイエットや健康管理の目安として非常に多く使われています。体重と身長さえ分かれば特別な機器を必要とせず手軽に導き出すことができるため頻繁に使われていますが、デメリットも存在しています。

BMI指数のメリットとデメリットについて理解しBMI指数を有効に利用しましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

とりすぎ注意!摂取カロリーの管理がダイエット成功の秘密

sessyu

摂取カロリーとはその名のとおり、人が食事などによって摂取するカロリーのことです。ダイエットを効率よく進めていくためには、摂取するカロリーを管理して低く抑えることが大切です。

痩せるための公式はとてもシンプルで、一日に摂取するカロリーを一日に消費するカロリーよりも抑えることです。これを続けていけばまず間違いなくダイエットに成功します。

理論は簡単ですが実践することが難しいのがダイエット。摂取カロリーを抑えながら効率良くダイエットするためのポイントを紹介します。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

コレステロールってなに?ダイエットとの関係は?

cholesterol

よく聞くコレステロールという言葉。なんとなく意味は分かっていても「実際にどんな害があるの?」、「太りの原因と関係があるの?」など詳しいことを知らない人は多いです。

コレステロールは人間が生きていくために必要な脂質のひとつで、コレステロールなしでは生きていくことができません。しかし、過剰にとりすぎることによって人体に悪い影響をもたらします。

どんなことも適度が一番といわれますが、コレステロールも適度にとることが大切です。コレステロールのことを知ってダイエットや健康の向上に役立てましょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0