おいしい!グリーンスムージーは野菜嫌いの子供もゴクゴク飲める

kodomo

野菜嫌いの子どもが増えています。

最近ではおいしい料理もたくさんありますし、好き嫌いはしょうがないという考えもあって、嫌いなものを無理に食べさせることはありません。

でも、野菜には育ち盛りの子供たちにとって素晴らしい栄養がたっぷり詰まっているんです。

成長に役立つ栄養を取れなくなってしまうのは、子供たちにとってももったいないことですよね。

だから、どうにか野菜を食べてくれるように日々試行錯誤しているお母さんたちも多いのでは?

そんな子供たちの”野菜嫌い問題”をグリーンスムージーなら解決してくれるかもしれません。

野菜嫌いな子供たちが、グリーンスムージーなら面白いように飲んでくれるんです。

野菜嫌いでも気づかず飲めるグリーンスムージー

野菜不足で困ること

野菜が体に良いとはいえ、子どもが嫌がっているところを無理矢理食べせるのは可哀想ですよね。

トラウマになってしまい、大人になってからも野菜が食べられなくなってしまう可能性もあります。

とはいえ、野菜を全くとらない食生活というのは不健全で、あまりに栄養が偏ると成長期の子供に影響が出てきてしまいます。

野菜不足になると体の成長が遅くなったり、集中力の低下、朝起きられないなど、親としても心配な症状になることがあります。

子供がすくすくと成長していくためにも、できるだけ野菜を取れる環境を作ってあげましょう。

グリーンスムージーをフルーツ多めで

野菜嫌いの子供にはフルーツを多めにしたグリーンスムージーを作ってあげるといいでしょう。おおよそ野菜2、フルーツ8の割合で作ってみてください。

この割合はスムージー初心者の方がグリーンスムージーになれるための配分なので子供でもとても飲みやすいものが出来上がります。

野菜の味はほとんどせず、フルーツの甘くてさっぱりした味に仕上がるので子供たちも喜んで飲んでくれます。

この割合になれたら少しずつ野菜を増やしていってもいいでしょうし、そのままでも大丈夫です。

最近では朝食を食べたがらない子供たちも多いといいます。

もし朝食を食べたがらないのなら、スムージーだけでも飲ませてあげましょう。

スムージーなら子供も喜んで飲んでくれますし、脳の栄養源である糖質を補給できるので朝から集中力を発揮しやすい状態にして、送り出してあげることができます。

一緒に作る楽しさ

スムージーは子供と一緒に楽しく作ることができます。

いろいろな食材を用意してそれぞれ配合しながら作っていくので、子供は理科の研究のように楽しむことができます。

親子のスキンシップもはかれて、子供の成長を実感することもできます。

グリーンスムージーは単純に栄養がとれるだけじゃなく、親子のスキンシップもとれる素敵なドリンクです。

子供とのコミュニケーションツールとしても最適なグリーンスムージーづくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

野菜不足は子供の子供の成長に悪影響を与えてしまうことがあります。

無理矢理野菜を食べさせようとしても、かえって逆効果になってしまうので美味しく食べられる工夫をしましょう。

グリーンスムージーなら野菜の味をおさえて栄養たっぷりのドリンクを作ることができます。

子供と一緒に楽しみながら作ることができるので、親子のスキンシップもはかれます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加