美肌をつくる果物といえばコレ!パイナップルの栄養でお肌つるつる!

pineapple

南国のフルーツといえばパイナップル。あたたかくてのんびりした南の島を思わせてくれる果物ですよね。

パイナップルの原産地はブラジルとパラグアイの周辺なので厳密には南の島の果物ではありませんが、ハワイに世界的果物メーカーのパイナップル畑があるのでそういったイメージが定着しているのかもしれません。

そんなパイナップルは女性にはとてもうれしい果物なんです。美容や美肌をつくる成分がギュッと詰まっているうえにアンチエイジング効果も期待できます。

自宅では食べる機会が少ない果物かもしれませんが、これを機会にパイナップルで綺麗を目指してみてはいかがでしょうか?

パイナップルの酵素パワーでお肌イキイキ!

パイナップルの特徴と効果

パイナップルには代謝を上げてくれるビタミンB1が豊富に含まれています。代謝があがることによってお肌のターンオーバーを早め美肌効果につながります。

さらにパイナップルにはタンパク質分解酵素であるブロメラインという成分が含まれています。このブロメラインは腸内の老廃物を分解してくれます。これにより腸内環境が改善し便秘の改善、免疫力のアップ、アンチエイジング効果などが期待できます。ブロメラインは熱に弱いので生食やスムージーにしてのむと効果的です。

またクエン酸やリンゴ酸といった酸味成分が疲れたカラダに浸透し、仕事やスポーツでつかれた体を癒してくれます。

未熟なパイナップルは酸やシュウ酸カルシウムが多く口内が荒れたり消化不良を起こす可能性があるので、しっかり熟した状態で食べるようにしましょう。

パイナップルを使ったスムージー

オレンジ&マンゴー

パイナップルの食物繊維や酵素、オレンジのビタミン、マンゴーのカロテンを組み合わせた美肌に効果の高いスムージーです。食物繊維と酵素が腸内環境を改善して美肌をつくる体内のバランスを整えてくれます。さらにビタミンCやカロテンといった栄養が美肌を作り上げるための栄養となります。

空芯菜&パパイヤ

疲れた胃腸をやさしくいたわるグリーンスムージーです。パイナップルのブロメラインやパパイヤのキモパパインといったタンパク質分解酵素が胃腸の消化を助け負担を軽減してくれます。空芯菜には鉄分が豊富なため貧血対策としても効果的です。

ケール

キャベツの遠い親戚のケール。ビタミンCやカロテンが豊富で青汁の材料としても有名です。パイナップルとのグリーンスムージーにすることで食物繊維、カルシウム、ビタミンC、イソチオシアネート、フラボノールなどを摂ることができます。これらの成分はがん予防、アレルギーの緩和、デトックスに効果的です。

パイナップルの栄養成分をチェック

ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、食物繊維が豊富で美肌に効果的な果物です。酸味のもとでもあるクエン酸やリンゴ酸には疲労回復効果が見込めます。

※食品成分表(可食部100gあたり)
エネルギー……51kcal
カリウム………150mg
マグネシウム…14mg
鉄………………0.2m
銅………………0.11mg
マンガン………0.76mg
ビタミンB1……0.08mg
ビタミンB2……0.02mg
ビタミンB6……0.08mg
パントテン酸…0.28㎎
ビタミンC ……27mg
食物繊維量……1.5g

まとめ

パイナップルには豊富なビタミン、クエン酸、リンゴ酸、タンパク質分解酵素のブロメラインなど美肌や疲労回復、整腸作用などの効果が期待できる果物です。

タンパク質分解酵素ブロメラインは加熱すると消滅してしまいます。パイナップルの栄養を活かすためには生で食べる方がおすすめです。

未熟なパイナップルには強い酸などが残っているため、口や胃腸などの粘膜が荒れて腹痛などを起こすことがあります。パイナップルを食べるときは十分に熟したものを食べるようにしましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加