栄養たっぷり!グレープフルーツを食べれば綺麗になれる!?

grapefruit

日本で一般的なグレープフルーツといえば薄黄色の果肉をした”ホワイト”や、赤い果肉が特徴のルビーやスタールビーといった品種です。

品種は違いますがグレープフルーツとブンタンを掛け合わせたスイーティーも人気です。

グレープフルーツはほぼ海外からの輸入で賄われていて、アメリカと南アフリカからの輸入で90%以上を占めています。最近では国産のグレープフルーツも見られるようになりましたが、まだまだ栽培している農家さんはわずかで、とても希少となっています。

そんなグレープフルーツには美肌効果の高い栄養がギュッと詰まっています。綺麗を目指すならぜひ食べたい果物で、美肌だけではなく美容やダイエット、老化防止、がん予防など健康にもうれしいのがグレープフルーツなんです。

グレープフルーツは綺麗にうれしい果物だった

グレープフルーツの特徴と効果

グレープフルーツには豊富なビタミンCが含まれていて、肌の老化を防ぎシミの予防や改善を施してくれます。またストレスを感じイライラが溜まってくると、体はビタミンCを必要以上に消費してストレスを解消しようとします。ストレスやイライラを解消するためにもグレープフルーツのビタミンCは役立ちます。

美肌効果の他にもグレープフルーツに含まれるクエン酸には疲労回復効果がありますし、ポリフェノールの一種であるナリンギンは食欲を抑える効果があるためダイエットにも効果的です。さらにナリンギンには抗アレルギー作用もあるため花粉症などのアレルギー症状を緩和する働きも期待できます。

ナリンギンは果肉よりも外皮に多く含まれているので、グリーンスムージーなどで皮ごと食べることによって、より効率的に栄養を摂ることができます。

ただしグレープフルーツは美容や健康におすすめな反面、服用している薬などの効果を必要以上に強めてしまったり、副作用を発症させたりしてしまうことがあります。風邪薬などの一般薬でもグレープフルーツの作用に反応してしまうことがあるので注意が必要です。

グレープフルーツを使ったスムージー

菜の花&キウイ

ビタミンCが豊富なグレープフルーツとキウイに、ビタミンB群が豊富な菜の花を合わせることによって美肌効果の高いグリーンスムージーができあがります。グレープフルーツやキウイは外皮も一緒にミキサーにかけるとより効果的ですが、輸入品は防腐剤などの問題があるので気になる場合は剥いてしまっても問題ありません。

パセリ&桃

パセリには豊富な食物繊維とカロテンが含まれています。グレープフルーツのナリンギンが食欲を抑制してダイエット効果を高めます。グレープフルーツに含まれるナリンギンは外皮に多く含まれているため外皮もしっかり利用しましょう。輸入品はほぼ防腐処理がされているので食品用洗剤で良く洗うか、防腐剤未使用のものを使いましょう。

レタス&メロン

安らかな眠りを提供してくれる組み合わせです。ヨーロッパ方面では入眠剤の薬として使われていたのがレタスです。レタスにはラクチュコペクリンというリラックス効果のある成分が含まれています。グレープフルーツに含まれているビタミンCにもストレスを鎮める鎮静効果があり入眠をスムーズにしてくれます。メロンに含まれるビタミンB群は脳に働きかけ、眠る前にリラックス効果をもたらしてくれます。

グレープフルーツの栄養成分をチェック

グレープフルーツにもっとも多いのはビタミンCで人間が一日に必要とするビタミンCの量を一個で賄えます。他にもパントテン酸、ビタミンB1、葉酸などの栄養が含まれています。

※食品成分表(可食部100gあたり)
エネルギー……38kcal
カリウム………140mg
カルシウム……15mg
リン……………17mg
銅………………0.04mg
ビタミンB1……0.07mg
ビタミンB2……0.03mg
ナイアシン……0.3㎎
ビタミンB6……0.04mg
ビタミンC ……36mg
食物繊維量……0.6g

まとめ

グレープフルーツは豊富なビタミンCやビタミンB群などで体の内側から綺麗を実現してくれます。

外皮にはポリフェノールの一種であるナリンギンという成分が豊富に含まれていて、ダイエット効果、アレルギー症状の改善、血流の改善や成人病の予防などが期待できます。

ただしナリンギンは薬の効果を阻害したり、必要以上に薬が効いてしまうことがあるので薬を服用するときにはグレープフルーツを食べるのは避ける必要があります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加