イライラすっきり!セロリのグリーンスムージーでストレスゼロに!

fd400054

サラダで食べても、炒め物にして食べても、浅漬けにしてもおいしい西洋野菜のセロリ。昔のローマでは整腸剤として利用されていたそうです。

日本に入ってきたのは一説では1800年ごろとされていますが、食用として日本中で食べられるようになったのは戦後になってからです。

セリ科独特の香りと気持ちのいい歯ごたえが人気の野菜ですが、逆にセロリの香りが苦手で食べられないという人も多いです。

栄養豊富でリラックス効果もあるので、苦手な人でも工夫してセロリの栄養をとりたいですね。

毎日を穏やかにしてくれるセロリの秘密

セロリの特徴と効果

セロリといえば根元から茎の部分を食べる印象が強いですが、実は葉っぱの部分も栄養たっぷりです。

美肌効果のあるβ-カロテンは茎よりも葉っぱ部分に多く含まれていますし、血液サラサラ効果のあるビラジンという成分も葉っぱに含まれています。

茎部分を食べるのはもちろん、もったいないので葉っぱ部分も捨てずに食べるとセロリの栄養をまるまるいただくことができます。

セロリにはカルシウムやカリウムといった栄養が豊富です。またセロリ独特の香りには鎮静作用もありますので、イライラやストレスが溜まっているならセロリを食べてみましょう。

セロリはグリーンスムージーにしても美味しいです。しかし、果物を多めにしてもセロリ独特の香りは残ってしまうので、苦手な方にはハードルが高いかも知れません。

セロリと相性のいい果物

りんご&バナナ

リラックス効果の得られるスムージーです。カリウム、カルシウム、ビタミンC、セロトニンによってストレスを解消し心を穏やかにしてくれます。また、セロリやバナナのデトックス効果により腸内環境の改善、美肌効果も期待できるスムージーです。

オレンジ&キウイ&バナナ

ビタミンCが豊富なスムージーです。ビタミンCにはとても強い抗酸化作用があるので細胞の老化を防ぎ美肌効果をサポートします。またコラーゲンの合成に関わり皮膚のシミやシワを防いでくれます。バナナのポリフェノールやオリゴ糖が腸内環境を改善し免疫力のアップも期待できます。

りんご&ブルーベリー

タレントの小倉優子さんが実際に飲んでいたスムージーのレシピです。ブルーベリーに豊富に含まれるアントシアニンには眼精疲労や視力回復をしてくれる効果があります。食物繊維もたくさんとれる組み合わせなので、腸内を綺麗にして便秘の解消にも効果があります。この組み合わせはセロリの味が比較的強くでるので苦手な人には向いていないかもしれません。

セロリの栄養成分をチェック

セロリにはミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富に含まれています。特に葉の部分にはカロテンやビラジンといった健康に良い成分が含まれているので、捨てることなく丸ごと食べましょう。

※食品成分表(可食部100gあたり)
エネルギー……15kcal
ナトリウム……28mg
カリウム………410mg
カルシウム……39mg
リン……………39mg
鉄………………0.2mg
亜鉛……………0.2mg
ビタミンB1……0.03mg
ビタミンB2……0.03mg
ビタミンB6……0.08mg
葉酸……………29μg
ビタミンC ……7mg
食物繊維量……1.5g

まとめ

セロリは独特の香りとシャキシャキとした食感が人気の野菜です。

ミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富に含まれ、神経の高ぶりを抑えて心を落ち着かせてくれます。

葉の部分にはカロテンやビラジンといった美肌効果や血液サラサラ効果のある栄養が詰まっているんので茎の部分だけではなく葉の部分も捨てずにしっかりいただきましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加