毎朝すっきり!食物繊維やビタミンが豊富なレタスで綺麗をアップ!

lettuce

日本中どこでも手に入るメジャーな野菜がレタスです。サラダにサンドイッチにハンバーガーにと日常の食事でも頻繁に食べる野菜のなかのひとつです。

生食のイメージが強いレタスですが、焼いたり茹でたりしても甘味が増しておいしくいただくことができます。チャーハンの具やしゃぶしゃぶなどにすればシャキシャキ感と甘味の両方が楽しめます。

クセが無く果物との相性がバッチリのレタスは、グリーンスムージーにもぴったりです。

生でも調理してもおいしいレタスの秘密

レタスの特徴と効果

どこでも手軽に手に入るレタスは美肌効果や若返り効果が期待できます。ビタミン、ミネラル、食物繊維がバランスよく含まれていて、しかも低カロリーのため美容やダイエットにおすすめの野菜です。

また、レタスにはラクツコピコリンという不眠症予防の効果があります。寝つきが悪く睡眠不足に悩んでいる方にもおすすめできる食材です。

焼いたり、茹でたりしても美味しい食材ですが、栄養が流失してしまうことがあります。生食を中心にして摂取すると効果を失うことなく栄養をまるまる吸収することができます。

ちなみにレタスの断片が赤くなることがありますが、これはポリフェノールが酸化したためです。腐ってしまった訳ではないので食べても問題ありませんが、ポリフェノールが失われかけているのでできるだけ早く消費してしまいましょう。

レタスを使ったスムージー

アボガド&キウイ&バナナ

心に余裕がなくなってイライラを感じたらこの組み合わせを試してみてください。レタスのサポニン、バナナのトリプトファンが溜まったイライラを沈めてくれます。またアボガドには植物としては非常に多い良質な脂質が含まれています。脂質は満足感を与えてくれ、豊かな気持ちにさせてくれます。仕上げにライムを絞ると、さわやかに仕上がります。

スイカ&イチゴ

さっぱりした甘さでさらっと飲める組み合わせのスムージーです。イチゴのビタミンCやスイカのカリウムがカラダにたまった余計な水分を排出し、デトックス効果やむくみの解消に効果を発揮します。またスイカに含まれるシトルリンはアミノ酸の一種で血管を若返らせる効果が認められています。これにより新陳代謝アップ、疲労回復、冷え性の改善などに効果があることが判っています。

きゅうり&セロリ

野菜オンリーの上級者向けスムージーです。野菜しか使っていないため野菜独特に苦みや匂いが苦手な人にはおすすめできないかもしれません。しかし、この組み合わせではカリウムをたっぷり摂取することができ、むくみ解消やデトックス効果を得ることができます。レタスのポリフェノールやサポニンが老化予防をサポートしてくれます。食物繊維も豊富ですので腸内環境をととのえ便秘で悩んでいる方にもおすすめです。

レタスの栄養成分をチェック

βカロテン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、などをバランスよく含む美味しくてうれしい野菜です。ポリフェノールやサポニンといった美容効果や老化予防に効果のある成分も魅力的な野菜です。

※食品成分表(可食部100gあたり)
エネルギー……12kcal
カリウム………200mg
カルシウム……19mg
マグネシウム…8mg
リン……………22mg
鉄………………0.3mg
亜鉛……………0.2mg
銅………………0.04mg
マンガン………0.13mg
ビタミンA ……1300μg
葉酸 ……73μg
食物繊維量……1.1g

まとめ

レタスは焼いたり、ゆでたりしても美味しい野菜ですが栄養が流れ出てしまうので生食がおすすめです。

ビタミンやミネラルがバランス良く配合されています。またポリフェノールやサポニンといった美容や老化防止に効果のある成分が含まれています。

クセが無いのでグリーンスムージーに使うにはぴったりの野菜です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加