カロテン10000μg!モロヘイヤで美肌スムージーをつくろう!

jews-marrow

綺麗になりたければモロヘイヤを食べた方がイイ!というぐらい栄養価が”ぎゅっ!”と詰まった野菜がモロヘイヤです。

モロヘイヤ100gのなかには、なんとカロテンが10000μgも詰まっています。カロテンが豊富な野菜といえば人参ですが、人参でさえ8600μg/100gですのでモロヘイヤの栄養価の高さがよくわかります。

しかもモロヘイヤには青野菜どくとくのクセや香りが少ないので、野菜があまり好きじゃない人でも手軽に食べることができます。

サラダ、炒め物、お味噌汁とどんな調理法にもあうモロヘイヤはグリーンスムージーにもよく使われる素材です。

モロヘイヤは王様の野菜だった!

モロヘイヤの特徴と効果

モロヘイヤの歴史は古く、古代エジプトの王様が不治の病に苦しんでいたところ、モロヘイヤのスープを飲んで助かったという伝説があります。

不治の病が治るかどうかはわかりませんが、モロヘイヤの栄養価がとても高いのは現代の分析の結果で科学的に明らかになっています。

モロヘイヤは緑黄色野菜のなかでもトップクラスのカロテンとカルシウムを含んでいます。他にもビタミンB群やビタミンC、ビタミンEも豊富に含んでいるため、文句なく美容や健康におすすめなのがモロヘイヤの特徴です。

しかも、モロヘイヤにはクセや青臭さがほとんどなく、好き嫌いなく食べることができます。そのためどのような素材とも合わせやすく、しかも栄養価が高いとても万能な野菜で、グリーンスムージーの基本葉野菜としても頻繁に使われています。

モロヘイヤを使ったグリーンスムージー

モロヘイヤは単独でも栄養価が高くおすすめの野菜ですが、果物の栄養と合わせることでさらに特化したグリーンスムージーを作ることができます。

スイカ

モロヘイヤはクセが少ないのでフルーツを減らしても美味しく飲むことができます。このスムージーはスイカと組み合わせただけのグリーンスムージーですが、シンプルでサッパリとしたテイストです。ビタミンK、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB6をたっぷり補給でき、夏バテや疲労回復に効果的です。

こちらもシンプルな組み合わせです。ビタミンKやビタミンE、食物繊維をたっぷりとることができます。桃の甘さが際立ってスィーツ感の強いグリーンスムージーができあがります。腸内環境を改善し免疫力アップや美容効果が期待できます。

梨&グレープフルーツ&ぶどう

モロヘイヤの豊富な栄養に加えて、果物のビタミンCやビタミンB群、そしてブドウにふくまれる果糖、ブドウ糖が美肌効果や疲労回復を助けます。新鮮な果物たちとクセの少ないモロヘイヤの組み合わせはグリーンスムージー入門編としておすすめです。

モロヘイヤの栄養成分をチェック

モロヘイヤの魅力は緑黄色野菜のなかでもトップクラスの含有量をほこるビタミンA(カロテン)とカルシウムです。ビタミンB群も豊富に含まれていて健康、美容にはかかせません。

またモロヘイヤにはムチンと呼ばれる栄養素が含まれています。ムチンには胃腸や目、鼻、口などの粘膜を保護してくれる働きがあります。

※食品成分表(可食部100gあたり)
エネルギー……38kcal
カリウム………530mg
カルシウム……260mg
マグネシウム…46mg
リン……………110mg
鉄………………1.0mg
マンガン………1.32mg
ビタミンA ……10000μg
ビタミンK ……640μg
ビタミンB1……0.18mg
ビタミンB2……0.42mg
ビタミンC ……65mg
食物繊維量……5.9g

まとめ

モロヘイヤは古代のエジプトで薬草として用いられていたほど栄養豊富な野菜です。

カロテンやカルシウムは緑黄色野菜のなかでもトップクラスの含有量を誇っています。また、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEも豊富で最強のおすすめ野菜です。

モロヘイヤに含まれるムチンは胃腸や目、鼻、口などの粘膜を保護してくれます。ムチンは花粉症予防にも効果的な成分でもあります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加