グリーンスムージーは妊娠中に飲んでも大丈夫?

ninpu

妊娠時は食べ物や飲み物など、体にとり入れる栄養や成分についてはとても気になりますよね。

自分だけの体ならともかく、これから生まれてくる新しい命のことを考えれば、気を使って食べ物を選ぶのは当然のことです。

グリーンスムージーは野菜や果物をドリンク上にして飲むことができるので、食欲がないときでも妊娠中に不足しがちなビタミン類やミネラル類が取れるため、多くの人に愛用されています。

ただし、妊娠中にグリーンスムージーを飲むときには、多少の注意も必要ですのでポイントをしっかり抑えて飲むようにしましょう。

グリーンスムージーを妊娠時に飲んでも平気?

野菜や果物が効率よくとれる

グリーンスムージーの主要な材料は野菜や果物です。妊娠中に不足しがちなビタミン類やミネラル類を補うためには野菜や果物は欠かせません。とくに葉物野菜などに多く含まれているビタミンB群の『葉酸』は産婦人科でもサプリメントの使用を推奨するほど大切な栄養です。

他にも妊娠中には亜鉛や鉄分、カルシウムなどが不足しやすいです。もちろん通常の食事をバランスよく食べることが大事ですが、それだけではどうしも不足してしまう栄養をグリーンスムージーで補うことができます。

もともと野菜や果物は妊娠中でも摂取を制限されるようなことはありません。グリーンスムージーはそういった材料をミキサーにかけているだけですので、基本的には禁止や摂取制限をする必要はありません。

むしろ、スムージーはドリンク状になっていて体に入れるのがとても楽です。妊娠中はつわりなどがひどく固形物が食べにくい体調のときも多々あります。

そんなときにお腹にスルスルと入ってくれるスムージーは本当に助かります。中に入れる材料にちょっと気を付ければ問題なく飲むことができるのがグリーンスムージーの魅力です。

冷えには気を付けよう

必要以上にナーバスになる必要はありませんが、妊娠中にグリーンスムージーをとる時には少し気を付けたいポイントもあります。

その一つが『冷え』です。妊娠中に生野菜をとるときにも同じことがいえますが、冷やした材料で作ったスムージーを飲むと体温が奪われて体が一時的に冷えてしまいます。

妊娠中に冷えはあまり良くないとされているので、冷やした材料は使わず常温の材料を使うようにしましょう。

常温だと飲みづらいときには、果物を強めにして味を整えてあげると飲みやすくなります。常温でも飲みやすい味を工夫してみるのもスムージーの面白さでもあります。

使わない方がいい素材

野菜・果物類ではありませんが、あまりおすすめできない食材もあります。

それはハーブ類です。後味の爽快感をだすためにグリーンスムージーで使うときがありますが、ハーブには子宮を収縮させたりする品種もあり、妊娠時にはあまり適しません。ハーブティーなどもよくないのでスムージーで利用するのも同じように避けた方が賢明です。

カモミールやハイビスカス、ローズヒップ、ペパーミントなど一部のハーブですが、必要性がなければとりあえずハーブ全般は控えておいたほうがいいでしょう。

また、グリーンスムージーにつかう素材は無農薬か残留農薬をしっかりチェックしている食材を使いましょう。

まとめ

グリーンスムージーは野菜や果物が主原料なので、過剰に避けたり制限する必要はありません。ただし、食事のバランスは大切です。食事はしっかりと食べて補助的な位置づけでスムージーを利用しましょう。

冷たい材料を使うと体が冷えてしまう可能性がありますので、常温で飲みましょう。味をととのえるには果物をうまく使いましょう。

妊娠中のスムージーには子宮を収縮させるといわれているハーブ類もありますので、基本的に使用は控えたほうがいいです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加