1ヶ月で-3㎏をめざす!マイクロダイエットでモデルのウエストへ

micro

ダイエットの常識となっているカロリー制限。今では多くの人がカロリーの取りすぎが太る原因になってしまうことを知っていますよね。

揚げ物や、油分の多いものを食べると肥満に近づくことは間違いありません。であれば、カロリーを極力抑えた食べ物を日常的にとるようにすればいい、と考えて提唱したのがイギリスのサリー大学で教鞭をとるジャクリーヌ・ストゥーディ博士でした。

この考えは1983年に提唱され、この考えをもとに作られたのがマイクロダイエットなんです。マイクロダイエットは1989年からおよそ30年弱、日本のダイエット食品として多く実績をあげている商品です。

マイクロダイエットは歴史あるダイエット方法

マイクロダイエットとは?

マイクロダイエットとは体に必要な栄養はしっかり補い、カロリーだけを抑えた代替食品です。

日常の生活ではなかなかカロリーを抑えるのは難しいですよね。原材料からしっかり管理して、ひとつひとつの料理に注意を払わないといけません。しかも同じメニューを毎日食べていると絶対に飽きてしまうので、献立もしっかり考えていく必要があります。

このようにダイエット食品を自作することはできますが、仕事や勉強、家事などで忙しい人はそこまで気を使うことが難しいです。

マイクロダイエットはそう言った煩わしさから開放し、普段の食事に変えてマイクロダイエットを食べるだけでスリムを目指すことができるんです。しかも1989年から続いているほど実績は保証済。手軽で簡単、しかもおいしくて満足できる。それがマイクロダイエットです。

マイクロダイエットで本当に痩せる?

マイクロダイエット一食に含まれているカロリーは170~260kcal程度しかありません。通常の成人女性の場合、一食600~900kcalは食べるので、一日一食以上をマイクロダイエットで置き換えれば痩せることは間違いありません。

また、食事を抜くことはないのでお腹を満足させることができます。ダイエットに挫折するいちばんの理由は空腹ですから、この点でもダイエットの成功率はあがると考えられます。

しかし、痩せたいと思うしっかりした意志も必要です。マイクロダイエットによってスリム実現のハードルは低くなりますが、それでも痩せたい意志がない人はなかなかやせることができません。逆に痩せたい意志のしっかりしている人は、マイクロダイエットを使えばダイエットが楽に行え、目標の体重を実現することも可能です。

マイクロダイエットの効果的な使い方

通常の食事の代わりに1~2食をマイクロダイエットに置き換えます。

ダイエット効果の観点から考えれば最初から2食置き換えるほうが効果的ですが、いきなり厳しいルールで始めるとすぐに挫折してしまう可能性がありますので1食からスタートするといいでしょう。

ダイエットは持久戦でもあります。じっくり時間をかけることで成功していきますので、あまり厳しくしない事も成功の秘訣です。

最初は1食の置き換えをして様子を見て、その後の体重の減り方などを検証していきながら2食の置き換えを考えた方がいいでしょう。

また、最初のころの置き換えはお昼をおすすめします。お昼は置き換えがもっとも楽です。精神的にも楽になるのでマイクロダイエットのスタートは『お昼ごはんをマイクロダイエットに置き換える』がおすすめです。

まとめ

マイクロダイエットは1989年から続く最も実績のあるダイエット方法のひとつです。

美味しくて、お腹を満たすことができるのでダイエットが続けやすいです。

最初は一食の置き換えで進めていきましょう。その後の体重の推移をみて2食にするか、そのまま1食にするかを検討するといいでしょう。

夜ご飯の置き換えはマイクロダイエットに慣れてきてからにした方がダイエットの成功率が高いです。最初はお昼ごはんの置き換えから初めて様子をみるといいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加